再構築不可物件は慎重にプランを練っていくのが大切

yjtdkukd
中古住宅などを購入する時、条件提示で「再建築不可」などといわれることがあるかと思います。
耳にされた方もいらっしゃるとは思いますが、これはどのような条件なのでしょうか。
また、こうした物件を購入することも出来るのでしょうか。そうした疑問や詳細について触れていきたいと思います。

再建築不可とは

簡単にいうと、その言葉の通り再建築することが禁止されている物件という意味合いになります。
少し掘り下げていくと、家を建てるときに道路に敷地が2m以上面している土地でないと家を建てることは不可となります。
このことから、更地にしてしまったらその後は建築することが出来なくなるというわけです。
元々立っていた建物が古くなってしまい、一度取り壊して更地にして新築をということが出来ないわけです。

再構築不可の物件は購入しないほうが得策なのか

先の説明を見てみると、再構築不可物件は購入しないほうが良いようなイメージをお持ちになることでしょう。
しかしながら、デメリットばかりではないのです。
家そのものを建て直すことが不可であっても、メンテナンスをすることによって充分に機能を果たすことも多いので、リノベーションは可能なわけですから住み心地の良い状態にしていくことも出来るという事です。
近年、リノベーションも流行となっていますのでピンと来たかたもいらつしゃるでしょう。
また、再構築不可の物件というものは、かなり安価に手に入れることも出来てしまうのです。
良い環境でお手ごろ価格の家をナ度と考えている方も視野にいれていただくと良いのではないでしょうか。
さらには、税金的な側面においても安価なものとなっています。
なぜ安価なのかという理由についてですが、固定資産税の評価が低いことと、相続税評価も低くなっているのです。
このことから、不動産取得税も安く済むということにつながってくるのです。

再構築不可物件と住宅ローンについて

ukykutd
再構築不可物件の場合、不動産価値そのものが低いので銀行の住宅ローンで担保し回収に当てるなどという事は出来ないのです。
ですから、住宅ローンは通らないという前提で進めたほうが良いでしょう。
ただしこれは絶対ではありません。
一定の条件を満たしていれば銀行からの融資が受けられる可能性もありますので、現金が用立てられないから購入が出来ないということではないのです。
また、銀行でなくても、特殊物件を専門的に扱っているローンもあります。
他にも、所有している物件を担保にローンを組めるという方法もあります。
本来であれば、現金一括購入をしていただくのが、先々の資金繰りにおいてもスムーズになるかとも思います。
そしてリフォームについてですが、その前提があるようであればリフォームローンも利用することが可能です。
リフォームローンは、担保も連帯保証人も必要ではありませんので比較的に取り入れやすいローンともいえるでしょう。
ただし、無担保でのローンですから借り入れられる金額が低く設定されているかと思います。
平均的な限度額は1000万円前後と把握しておくとよいでしょう。
また、無担保の代わりに金利も高めに設定されている場合もありますので、しっかりとプランを練って活用していくようにしましょう。

認識しておきたいことについて

jydtyjtd
災害や火事などで家・建物が消失してしまったり、天才などで倒壊してしまった際、改装が出来ない状態であれば更地にするしか方法が無いというのも再構築不可物件ならではの特徴といえるでしょう。
これは、大きなデメリットとなるケースもあるかもしれません。
不動産価値が引く言う物件である上に買い手もつきにくい・まったくつかない物件となりもてあましてしまうという可能性もあるのです。
これでは、不動産価値おろか更地の管理だけがただ大変だという状況に陥ってしまいます。
雑草の手入れから近隣に迷惑がかからないように維持をしなくてはなりませんので、損失がうまれることが大半なのです。
こうした部分についても、充分に認識した上で再構築物件と向き合い考えていくことが大切であるといえるのです。

再構築物件の相談はななみ都市開発に

信頼度も高く支持も高いななみ都市開発、それに司法書士や管理会社などの知恵をかりて失敗しないように対処をとって進めていくというのが、一番安全な形といえることでしょう。
新築物件よりも安価でそして手軽に購入しやすいという大きな魅力があることから、今では注目を浴びることも増えてきました。
こうした再構築物件について色々と考えている方は、まずは相談をしてみてはいかがでしょうか。
相談だけからでも受け付けていますし、手続き申し込みはインターネットからでも行っていただけますので、非常に便利かと思います。
先に触れた司法書士などにかんしても、ななみ都市開発との連携司法書士がいらっしゃいますので、自ら探さなくてはならないということもありません。
こうした体制が整っているからこそ、間違いの無い不動産のやり取りというものが出来るのです。

≪ 前の記事: を読む

更新情報